COMPUTEX 2021 Virtualの見逃せないバーチャル・ブースとパビリオン

台湾・台北–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — COMPUTEX 2021 Virtualは、6月30日までの日程で始まりました。イベント主催者のTAITRAは、AI技術を通じてまったく新しいデジタル体験を参加者に提供することを目的に、#COMPUTEXVirtualを導入しました。展示会に加え、COMPUTEX CEO基調講演、COMPUTEX基調講演、COMPUTEX & InnoVEXフォーラム、d&iアワードといったイベントが、最新のテクノロジー・トレンドをオンラインで明らかにします。このまったく新しい環境は、安全な自宅で人脈を作ることができるスマート・マッチメーキングの機会も提供します。

#COMPUTEXVirtual#InnoVEXVirtualの見逃せないバーチャル・ブース
COMPUTEX 2021 Virtualは、5G、AIとIoT、エッジ・コンピューティング、イノベーションとスタートアップ、ゲーミング、HPCという6つの主要テーマを中心に展開されます。33カ国の主要な企業とスタートアップが今年の#COMPUTEXVirtualと#InnoVEXVirtualに参加します。
エイサー欧州復興開発銀行(EBRD)Epoch FoundationのGarage+ギガバイトインテルといった有力企業・機関がパビリオンを設け、バーチャル・ブースで最新の技術や破壊的革新を展示します。
技術革新とスタートアップのための#InnoVEXVirtualでは、参加者は、フランス韓国オランダを含む各国パビリオンで24カ国の79のスタートアップを訪問する機会があります。EBRDは、今回初めて独自パビリオンを設けて参加しています。さらに、台湾中小企業処がスポンサーとなっているTaiwan Accelerator Plus(TAcc+)が、#InnoVEXVirtualに参加する台湾最高水準のスタートアップを選びました。桃園市若者問題局は、「TYCスタートアップ・パビリオン」で台湾での技術革新を紹介します。

COMPUTEX d&iアワード・パビリオンが受賞製品を展示
TAITRAが主催する「COMPUTEX d&iアワード」は、業界でのイノベーションと研究への継続的な投資を促すため、企業の一流技術を紹介するだけでなく、将来のテクノロジー・トレンドを世界に向けて発信しています。最優秀賞であるゴールド・アワードは、ASUSとJGB Smartに授与されました。すべての受賞製品が、#COMPUTEXVirtualのd&iアワード・パビリオンで展示されています。

ライブストリーミング、オンデマンド・フォーラム、基調講演の映像は、現在公開中
今年、TAITRAは、AMD、Arm、インテル、マイクロン、NVIDIA、NXP、クアルコム、スーパーマイクロといった業界リーダー企業の参加を得て最新の業界トレンドに焦点を当て、参加者が未来の世界を探求できるきっかけを与えています。
最も重要な世界的テクノロジー・サミットの1つである2021 COMPUTEXフォーラムのトピックは「The New Era of Intelligence(インテリジェンスの新時代)」であり、5G、AI、IoT、電気自動車が取り上げられます。世界のリーダーがパンデミック後の世界の新戦略について話し合います。他方、2021 InnoVEXフォーラムは、国際協業に関するトピックを対象とします。「台湾イスラエル・イノベーション・フォーラム」は、技術革新に関する台湾とイスラエルの協業における成功ストーリーを紹介します。
すべてのフォーラムと基調講演は、#COMPUTEXVirtualプラットフォームCOMPUTEXのYouTubeチャンネルで最初の放送の後に視聴できます。

・登録(無料):https://virtual.computextaipei.com.tw/
・フォーラムと基調講演の詳細情報:https://virtual.computextaipei.com.tw/events/

詳細情報:

COMPUTEX : https://www.computextaipei.com.tw/
InnoVEX : https://www.innovex.com.tw/

国際コンピューター見本市(別称:COMPUTEX)について:
1981年に設立された台北国際コンピューター見本市は、サプライチェーンとIoTエコシステムを網羅した世界有数のICT、IoT、新興企業のための見本市の1つです。台湾貿易センター(TAITRA)と台北市電脳商業同業公会(TCA)が共同で開催する台北国際コンピューター見本市は、台湾の包括的なICT集団を基盤とし、ICT確立されたブランド企業から新興企業まで、またサプライチェーンからIoTエコシステムに至るまで、ICTのあらゆる領域をカバーしています。台湾は、強力な研究開発能力および製造能力と、知的財産権(IPR)保護を備えているため、世界的な技術エコシステムでパートナーを探している外資系企業や投資家にとって、戦略的な目的地となっています。台北国際コンピューター見本市をウェブサイト(www.computextaipei.com.tw)とツイッター(@computex_taipei、#COMPUTEX)でフォローしてください。

COMPUTEX 2021 Virtualについて:
テクノロジーのパイオニアとして、COMPUTEXはデジタル変革の受け入れの最前線に立ってきました。そして2021年、このイベントはオンラインで開催されます。COMPUTEX主催者の台湾貿易センター(TAITRA)は、世界の主要なテクノロジー・プレーヤーと共にAI駆動のバーチャル・プラットフォームである#COMPUTEXVirtual(世界のスタートアップとイノベーションを紹介する#InnoVEXVirtualを含む)を展開し、距離という障壁を超えた卓越したバーチャル展示体験を提供することを目指しています。

TAITRAについて:
1970年に設立されたTAITRAは、台湾を代表する非営利貿易振興機構です。政府と各種業界団体が後援するTAITRAは、企業の世界的な事業範囲の拡大を支援します。台北に本部を置くTAITRAは、1300人の専門家からなるチームを擁し、桃園、新竹、台中、台南、高雄の5カ所に拠点を置き、世界63カ所に事務所を構えています。TAITRAは、台北世界貿易センター(TWTC)および台湾貿易センター(TTC)と共に、世界貿易の促進に注力するグローバル・ネットワークを形成しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts
Ms. Tessa Lin < tessalin@taitra.org.tw >
Ms. Li Chao < lichao@taitra.org.tw >

関連記事

  1. COMPUTEX TAIPEI 2019が開幕 国内外のエリートが結集し、テクノロジー・エコシステムを提供

  2. COMPUTEX TAIPEI 2019 オンライン入場登録がスタート~国外来場者は地下鉄フリーパス付き、空港やホテルからは無料シャトルバスを運行~

  3. 2018年COMPUTEXフォーラム、参加申込受付中  ユビキタス・インテリジェンス 豪華講師陣が登場

  4. 台湾発の革新的ICTトレードショーCOMPUTEX 2017

  5. COMPUTEX 2019、史上最高の訪問者数を記録し盛況のうちに閉幕

  6. COMPUTEX TAIPEI 2017、グローバルハイテクエコシステムのビジョンを公開