COMPUTEXフォーラム第1日:AIとAIoTを深く探求


台湾・台北(BUSINESS WIRE)- ガートナーによれば、2023年までにIoTを導入する企業の3分の1が、少なくとも1つのIoTプロジェクトに合わせてAIも導入します。IoTデバイスから生成されたデータは、さまざまな産業アプリケーションに統合され、最終的にはスマート工場、スマート医療、スマート輸送、スマートシティーに応用されます。TAITRAが実施するCOMPUTEXフォーラムの最初の2回のセッションである「AIoT進化」と「AIエンパワメント」が、6月2日に開かれました。マイクロン テクノロジー、インテル、スーパーマイクロ、NVIDIA、NXPセミコンダクターズ、アーム、台達電子、チェック・ポイント・ソフトウェアといったトップクラスの講演者が揃い、AIoTとAIの無限の可能性を深く探求しました。

マイクロン テクノロジー:データ集約型コンピューティングの新時代に、ストレージでAIイノベーションを推進
マイクロン テクノロジー社長兼最高経営責任者(CEO)のサンジャイ・メロトラ氏は、世界はデータ集約型コンピューティングの新時代の幕開けにあると指摘しました。AIと5Gは、この時代の2つの主要な原動力です。数多くの課題を伴うAIアプリケーションの急速な成長に伴い、マイクロン テクノロジーはより良いAIの未来のために、メモリーとストレージに基づいた信頼性の高い体系的なインフラストラクチャーを構築していきます。

インテル:次世代AIプロセッサーで無限のコンピューティングの可能性を活用
インテルのセールス&マーケティング・グループのバイスプレジデントで、AI、HPC、データセンター・アクセラレーター・ソリューション&セールスのゼネラルマネジャーであるNash Palaniswamy氏は、第3世代インテルXeonスケーラブル・プロセッサーの可能性について語りました。最新世代のXeonは、AIやハイパフォーマンス・コンピューティングのニーズを満たす能力を持っています。インテルは、世界のソフトウェア・リーダーやソリューション・プロバイダーとの緊密な協力と深い統合に支えられ、人々に信頼される高速で一貫性のある安全なソリューションを提供しています。

スーパーマイクロ:一連の製品とソリューションでイノベーションの要求に応える
スーパーマイクロの社長兼CEOのチャールズ・リャン氏は、スーパーマイクロが最先端の技術、イノベーション、高品質、サービス性を通じてAI、5G、クラウド・ソリューションの面で顧客の要求に応えていくと語りました。スーパーマイクロはパートナーと協力しながら、技術開発も推進していきます。

NVIDIAAIによる産業革命4.0の起動
NVIDIAで製造業および工業向け国際事業開発の責任者を務めるジェリー・チェン氏は、AIは最も影響力のある汎用技術であり、5G、HPC、AIoT、ロボット工学といった先端技術の中核を担って産業の発展と変革を推進するものだと語りました。

NXPセミコンダクターズ:安全なインテリジェント・エッジの加速と、エッジ・コンピューティングの新時代の始まり
NXPセミコンダクターズの社長兼CEOのカート・シーバーズ氏は、AIoTデバイスが人々の生活様式を変えつつあると指摘しました。優れたユーザー体験が実現される一方で、データを完全に保護して安全なインテリジェント・エッジを実現することは不可欠です。また、NXPセミコンダクターズは画期的なイノベーションを通じて、より安全でスマートな世界を実現していきます。

アーム:ユビキタス・インテリジェンスの加速
アームのIP製品グループのプレジデントのルネ・ハース氏は、世界的に高まりつつあるコンピューティング需要について語りました。新たなArmv9アーキテクチャーは、負荷の大きいAI/MLワークロードへの対応に有効であると同時に、セキュリティーの強化を実現しています。この次世代アーキテクチャーは、今後10年間のコンピューティングのロードマップを示しています。

インダストリー4.0に進むためのインテリジェンス主導型の製造
台達電子のデルタ研究センター、インテリジェント・モバイル機器クラスターのリーダーを務めるスティーブン・チェン博士は、メーカーは「オンデマンド製造」を達成するために能力を高め続けなければならないと語りました。標準化され、モジュール化されたインテリジェントなユニットを組み込んだ設計を採用することで、機械は拡張性を増し、生産の変化に柔軟に対応できるだけでなく、データ収集・分析やAIの導入・アップグレードが可能になり、インテリジェンス主導型の製造が促されます。

チェック・ポイント・ソフトウェア:AIツールでサイバーセキュリティーのリスクを管理
チェック・ポイントのCTO室セキュリティー・エバンジェリストのケブ・ハウ氏は、新常態でのサイバーセキュリティーの動向に関する洞察を共有しました。AI、機械学習、ビッグデータ分析は、いずれもサイバーセキュリティーに革命をもたらしています。AIの機械学習アルゴリズムは、未知の脅威をはるかに広範に予測し、正確性と精度の高い迅速な対応をサイバーセキュリティーの専門家に提供する力を持っています。

AIは世界を作り替えています。関連技術やAIoTアプリケーションの民主化に伴い、COMPUTEXは世界のパートナーとより多くのビジネス機会を模索しようとしています。

  1. 全てのセッションは、オンラインで公開されています:https://virtual.computextaipei.com.tw/events/
  2. 登録(無料):https://virtual.computextaipei.com.tw/

詳細情報については、https://virtual.computextaipei.com.tw/events/をご覧ください。

詳細情報:
COMPUTEX : https://www.computextaipei.com.tw/
InnoVEX : https://www.innovex.com.tw/

 

関連記事

  1. COMPUTEX 2019 d&iアワーズの受賞リストを発表

  2. 2021年COMPUTEXフォーラム2日目:次世代テクノロジーの潜在力を発揮させる

  3. COMPUTEX 2019 InnoVEX 記者発表会を開催

  4. COMPUTEX 2021 Virtualの第1週に最も話題となったこと

  5. 2021年COMPUTEXフォーラムにテック大手が集まり、未来のテクノロジーを紐解く

  6. COMPUTEX Virtual 2021 盛況で閉幕