COMPUTEX TAIPEI 2019が開幕 国内外のエリートが結集し、テクノロジー・エコシステムを提供

2019年5月28日、COMPUTEX 2019の開幕式典が、台北南港展示センター ホール1において、開催されました。開幕式典には蔡英文総統、経済部沈栄津部長、行政院龔明鑫政務委員、台北市政府鄧家基副市長、経済部国際貿易局楊珍妮局長、経済部中小企業処何晋滄処長、科学技術部産学及園区業務司邱求慧司長、経済部工業局楊志清副局長、台湾貿易センター(TAITRA)黄志芳会長、台北市電脳公会童子賢理事長、台湾スマートテキスタイル協会林瑞岳理事長等の来賓が参加しました。

台湾貿易センター(TAITRA)会長の黄志芳は、次のように述べています。「デジタル化への流れが世界的に進行する中、産業の積極的なデジタル化への変革は競争力を高めることになります。COMPUTEX 2019は世界でも有数のICT展示会として、最先端の技術を体験するためのデジタルポータルになることが期待されています。金融、農業、製造、その他の産業界からエキスパートをお招きしておりますので、この5日間で最先端技術を体験し、技術によってもたらされる賢い未来をご自身の目で確かめてください。そして、そこからデジタルソリューションを探り、すべてのデジタルの夢がCOMPUTEXで実現されることを期待します。」

COMPUTEX d&iアワーズ「金賞」と「特別賞」発表

今年のCOMPUTEX d&iアワーズには222件の応募があり、金賞受賞者3社と特別賞3社を発表しました。金賞に選ばれた3社の受賞製品は、Acerのオールインワンゲーミングチェア「Predator Thronos」、AMDの7nmプロセスで製造された世界初のGPU「Radeon VII」、ASUSのフリップカメラが搭載された革新的なスマートフォン「 ZenFone 6」です。
特別賞には、Acerの「スマートパーキングメーターシステム」、Augmented Intelligenceの人体のグーグルマップとも呼ばれ医学の教育にも役立つ「BodyMap」、BioPro Scientificの「NeuLive」が受賞しました。

「COMPUTEX d&i アワーズ」受賞リスト(英文・中文)[PDF 118KB]

COMPUTEX 2019の5大テーマ:先端技術のビジネスチャンスを提供

COMPUTEX 2019は、「AI&IoT」、「5G」、「ブロックチェーン」、「イノベーション&スタートアップ」、「ゲーミング&XR」の5つにフォーカスし、前年対比10%増の1,685社の企業が出展しています。会場は台北世界貿易センター(TWTC)第1展示ホール、および台北国際会議センター(TICC)台北南港展示センター展示ホール1(TaiNEX1)、また今年初めての展示会場となる南港展示センター展示ホール2(TaiNEX2)で同時開催されます。

多彩な展示内容のほかに、COMPUTEX 2019は、開催期間中で多数のフォーラムも開催されます。中でも好評を博した「Pervasive Intelligence」をメインコンセプトとしたフォーラムは5月28日から2日間開催され、続いて5月30日から開催されるInnoVEXフォーラムでは、「国際的なスタートアップトレンドから、台湾の将来的な産業発展を見据える」というテーマに来場者にビジネスのヒントを与えます。同日に行われる「第6回台北5G国際サミット」は5Gのビジネスチャンスを紹介します。さらにCOMPUTEX 2019の中で初めてのチャリティー型eスポーツトーナメントとしてZOTAC CUPが開催されます。

COMPUTEX 2019は、5月28日から6月1日まで開催され、InnoVEXは5月29日から5月31日まで開催されます。テクノロジートレンドの紹介や産業用各製品の展示、また多くの関連商談会も企画されています。

その他の情報

COMPUTEXについて

1981年以来、30年以上にわたりICT産業の成長と共に、業界の変動そして成長を続け、アジア最大の見本市へと成長を遂げることができました。世界のICT産業サプライチェーンを完備し、世界のテクノロジー・エコシステムを創るという目標のもと垣根を超えたビジネスアライアンスの構築を目指しております。

台湾貿易センター(TAITRA =Taiwan External Trade Development Council)について

台湾貿易センターは、1973年に東京で日本事務所設立以来、台日間の貿易促進、パートナーシップの強化を目指し、年間20以上の日本市場開拓ミッションを招いているほか、数多くの見本市へ出展し、日本、台湾間の貿易の振興を図っております。また台湾企業の国際競争力の強化と世界市場への進出を手助けし、同時に外国企業に対しても台湾での市場拡大をサポートしています。このような活動を通して、台湾製品をより多くの皆様に知って頂けるよう、日々たゆまぬ努力を続けています。

報道関係者からのお問い合わせ先

台湾貿易センター東京事務所
COMPUTEX担当 林 冠芝(りん かんし)
TEL: 03-3514-4700
E-mail:lin@taitra.gr.jp

COMPUTEX広報事務局

共同ピーアール株式会社
担当:深澤、干場、亀田
TEL: 03-3571-5176
E-mail: computex-pr@kyodo-pr.co.jp

関連記事

  1. アジア最大級のICTトレードショー COMPUTEX 2017終幕  日本からの来場者数、去年比7.13%増加

  2. COMPUTEX 2019が究極のeスポーツの祭典になる

  3. COMPUTEX 2018アジア最大のスタートアッププラットフォームをグローバルリソースを集中して商用化のチャンスを最大限に

  4. COMPUTEX2018スタートアップと大企業のAI、IoT、5G、ブロックチェーンなどの先端テクノロジーにフォーカス、世界のテクノロジーエコシステムを共創する

  5. eスポーツが席巻するCOMPUTEX 2018  Gaming 3.0時代は顧客経験価値がポイント

  6. 2018年COMPUTEXフォーラム、参加申込受付中  ユビキタス・インテリジェンス 豪華講師陣が登場