COMPUTEX 2022 対面開催は2年ぶり ハイブリッド方式でデジタルの新たな契機を切り開く

【2022年5月24日/台北】 2022年台北国際コンピュータ見本市(COMPUTEX 2022)がきょう(24日)から5月27日まで、台北市南港区にある南港第1展示ホールで開催されます。24日に行われた開会式には蔡英文総統、経済部の王美花部長(=経済相)、中華民国対外貿易発展協会(TAITRA、日本での名称は台湾貿易センター)の黄志芳董事長、台北市電脳公会の彭双浪理事長などの貴賓が集まり、COMPUTEX 2022の幕開けを祝うとともに、出展された新たなデジタルテクノロジーの目を見張る発展を確かめました。

TAITRAの黄志芳董事長は、「過去20年間、テクノロジーは全世界の共通言語だった。これからも世界に力を与え、歴史の重要なマイルストーンを産みだし続けるだろう。昨今、新型コロナウイルスのパンデミックやサプライチェーンの断絶といった差し迫った問題に直面しながらも、我々はテクノロジーを駆使することで無限の可能性を生み出してきた。COMPUTEXは一貫して、世界をリードするテクノロジーの交流プラットフォームを提供することをその使命としてきた。今年はさらにグレードアップし、リアル(対面式)とバーチャルのハイブリッドによるエクスペリエンスを提供する。この見本市でさらなる技術革新の火花が散り、世界中のハイテク企業とともに美しい未来を迎えられることを期待している」と述べました。

来賓たちは開会式終了後、パソコンや周辺機器のメーカーである技嘉科技(ギガバイト)のブースでは、AI(人工知能)、5G、エッジコンピューティング、インテリジェント交通システム、情報セキュリティやeスポーツなどの娯楽分野に高性能計算技術を応用するという未来のビジョンを全面に押し出した展示。また、台達電子(デルタ電子)のブースではサステナビリティに焦点を当て、産業自動化、データセンターのインフラ施設、電動車(EV)の充電などの分野における電源管理(パワーマネージメント)や冷却ソリューションなどを展示。さらに、日本のメモリメーカーであるキオクシアのブースでは、ハイエンドのノートブック型パソコン、デスクトップ型パソコン、ワークステーションなどに適用する全く新しいクライアントSSD「KIOXIA XG8シリーズ」の展示。そして、台湾のEpoch Foundation(時代基金会)が運営するスタートアップインキュベータGarage+(ガレージ・プラス)のパビリオンで48社のスタートアップが共同で展示するAI、IoT(モノのインターネット)、ヘルスケア、グリーンテクノロジー分野のイノベーションなど、世界各国のICT(情報通信技術)が集まる人気のブースを順に参観し、新技術やソリューションを確かめて回りました。


蔡英文総統はCOMPUTEXの開会式で、台湾のテクノロジー産業のデジタル変革を全力で推進し、皆で次の黄金の10年を築き上げようと発言した


経済部の王美花部長(経済産業大臣相当)はCOMPUEXの開会式で、台湾が世界のサプライチェーンから注目されるよう努力すると言及した

COMPUTEX 2022 世界のテクノロジー産業のエコシステムを一挙公開

COMPUTEX 2022は「AIが加速させる未来 (Accelerating Intelligence)」、「無限の体験 (Connected X-Experience)」、「サイバーレジリエンス (Digital Resilience)」、「イノベーティブ・コンピューティング(Innovative Computing)」、「イノベーション&スタートアップ (Innovations and Startups)」、「サステナビリティ (Sustainability)」の6つをテーマとし、オンライン見本市のCOMPUTEX DigitalGo(5月24日~6月6日)を同時開催します。複数のチャンネルを使用した国際交流プラットフォームを構築しており、世界のテクノロジー産業が提示するエコシステムのビジョンを一挙に見渡すことができます。

内容豊富な見本市と併せて、見本市開催期間中は数多くの基調講演やフォーラムなども同時開催されます。今年のCOMPUTEXでは、AMD、NXPセミコンダクターズ、マイクロンテクノロジー、

スーパーマイクロのCEOや責任者らによるテクノロジーや各社の最新のビジョンについての講演が予定されています。また、この他にもマイクロソフトとNVIDIAの代表による2つの基調講演も行われます。いずれもCOMPUTEXのYoutubeサイトでライブ配信されますのでぜひご覧ください。

5月26日には、南港第1展示ホール1階Jエリアにて3セッションのCOMPUTEXフォーラムが行われます。午前中の第1セッションは「テクノロジー・エンパワーメント」をテーマに、テキサス・インスツルメンツ、エリクソン、XPセミコンダクターズ、NVIDIA、マイクロンテクノロジーなどが参加し、世界のテクノロジー大手と言われる各社がいかにパートナーを見つけ、新しいテクノロジーを追求しながら変革を受け入れているかについて議論します。

午後の第2セッションでは、台湾の台達電子(デルタ電子)が「ネットゼロという未来のためのイノベーション(Unceasing Innovation for a Net Zero Future)」をテーマに、いかにデジタル技術を活用しながら2050年の炭素排出量ゼロという目標(ネットゼロ)を達成するかについて語ります。続く第3セッションでは「アプリケーション・アドバンスメンツ」をテーマに、HTC、IBM、ダッソー・システムズ、ノキア台湾法人などの大手テクノロジー企業の代表がパネリストとなり、メタバースをテーマに、企業がいかに積極的にスマートライフに関するビジネスチャンスを模索しつつ、全く新たな雇用形態を作り出すのに成功しているかについて知見を共有します。

さらに今年は、COMPUTEX2022の公式ニュースチャンネルに「展示会場ライブルーム」を設置し、見本市開催期間中、イベントレポートを最速で視聴者に提供します。目玉は「テーマガイダンス」で、業界のオピニオン・リーダーらがブースを参観しながら、見本市の見どころを自ら解説し視聴者に新たな視点を提供します。同時に、米国のEmbedded Computing Design、日本の電波新聞、韓国のITチョソンなどの海外メディアも独自の視点からCOMPUTEXに関する報道を行い、台湾の科学技術の実力を世界に向けてアピールします!

COMPUTEX2022は現在、南港第1展示ホールで開催中です。会場では、ハイテク産業のエキサイティングな最新情報をたっぷりご覧いただけるほか、様々なデモンストレーションや、インタラクティブな「展示会場ライブルーム」や「テーマガイダンス」などをお楽しみいただけます。また、見本市会場内にテーマ別に6つの撮影ブースを設置しており、そこで撮影した写真を指定のサイトにアップロードすると、スポンサーから協賛を受けた数量限定の「COMPUTEX2022」特製NFTをゲットすることができます。COMPUTEX 2022にはさまざまなアクティビティが用意されています。この機会をぜひお見逃しなく!

見本市に関するより詳しい情報は以下のサイトをご覧ください。

COMPUTEX公式サイト: https://www.computextaipei.com.tw/

COMPUTEX Facebookページ:https://www.facebook.com/COMPUTEX.TAITRA/

COMPUTEX Forum:https://events.computextaipei.com.tw/

Digital GO:https://www.computexonline.com.tw/?userlang=tw

InnoVEX 公式サイト: https://www.innovex.com.tw/

 

To learn more about COMPUTEX, please visit: 

COMPUTEX: https://www.computextaipei.com.tw/

COMPUTEX Facebook:https://www.facebook.com/COMPUTEX.TAITRA/

COMPUTEX Forum:https://events.computextaipei.com.tw/

Digital GO:https://www.computexonline.com.tw/?userlang=tw

InnoVEX : https://www.innovex.com.tw/ 

Press Contacts:
Ms. Tessa Lin <tessalin@taitra.org.tw>

About COMPUTEX

COMPUTEX was founded in 1981. It has grown with the global ICT industry and become stronger over the last four decades. Bearing witness to historical moments in the development of and changes in the industry, COMPUTEX attracts more than 40,000 buyers to visit Taiwan every year. It is also the preferred platform chosen by top international companies for launching epoch-making products.

Taiwan has a comprehensive global ICT industry chain. Gaining a foothold in Taiwan, COMPUTEX is jointly held by the Taiwan External Trade Development Council and Taipei Computer Association, aiming to build a global tech ecosystem. COMPUTEX uses cross-domain integration and innovation services as the most powerful driving forces for achieving the goal of becoming a new platform for global technological resources.

About TAITRA:

The Taiwan External Trade Development Council (TAITRA) is Taiwan’s foremost trade promotion organization. TAITRA is a public-benefit corporation founded by the Ministry of Economic Affairs by uniting industry and commerce groups from the private sector with the purpose of helping them expand their global reach. Currently, TAITRA has a team of more than 1,300 trade professionals, both domestically and abroad. Headquartered in Taipei, TAITRA operates 5 local offices in Taoyuan, Hsinchu, Taichung, Tainan, and Kaohsiung, as well as 63 branches worldwide. It has also signed cooperation agreements with 319 sister organizations that promote international trade. By forming a comprehensive trade services network that provides zero-time-difference and borderless real-time services, TAITRA continues to work with enterprises to jointly pursue the steady development of Taiwan’s economy. It is the best partner for your success in business expansion.

関連記事

  1. 台湾発の革新的ICTトレードショーCOMPUTEX 2017  SmarTEXから最新IoTを

  2. COMPUTEX 2019 InnoVEXが本日開幕 アジア最大規模のスタートアップB2B交流プラットフォームを作る

  3. COMPUTEX 2019が、優れた設計と革新性を誇る製品を選定する 「COMPUTEX d&i賞」のエントリーを募集

  4. 5GがIoT革命をけん引 COMPUTEX 2018で次世代通信技術へ

  5. eスポーツが席巻するCOMPUTEX 2018  Gaming 3.0時代は顧客経験価値がポイント

  6. COMPUTEX 2017- 大盛況のうちに閉幕  テーマ別展示エリア、100以上の基調講演とフォーラムを通した  グローバルテクノロジーエコシステムの構築