COMPUTEX 2022 CEOキーノート&フォーラム  未来のキーテクノロジー・アプリケーションを読み解く

【2022年5月11日 台北】
2022年5月24日から27日まで、台北南港展示場1号館でCOMPUTEX Taipei 2022が開催されます。2022年COMPUTEX CEO Keynotes & Forumを通じて、テクノロジーの未来がますます明らかになるでしょう。皆様のオンライン登録をお待ちしています。

COMPUTEXが示す未来のトレンド、企業の強靭性向上、ESGの展開
AI、5G、クラウドコンピューティングの技術的進歩が何年も続いた後、様々なアプリケーションが徐々に実装されるようになりました。企業はデジタル最適化が長期的な抵抗戦であることを認識し、デジタル力を蓄積してより多くの市場ツールを手に入れることも期待している。一方、貿易戦争や新型ウイルス「COVID」の変種が続出し、終わりのないブラックスワン現象を経験し、企業はレジリエンス(回復力)を身につけ始めている。持続可能な思考と炭素クレジット取引の流れと相まって、ESGは企業にとって必要不可欠なものとなっている。
今年のCOMPUTEXは、「デジタル・トランスフォーメーション」と「ESGネット・ゼロ・カーボン・エミッション」というテクノロジーの2大トレンドを密接にフォローします。6つの主要テーマに焦点を当てます。Accelerating Intelligence、Connected X-Experience、Digital Resilience、Innovative Computing、Innovations & Startups、そしてSustainabilityです。

CEOキーノートでは、主要テクノロジー企業の最新ソリューションを紹介
今年のCOMPUTEXのCEO基調講演は、まずAMDの会長兼CEOであるリサ・スーが、台北時間の5月23日午後2時に「AMD Promotes High-Performance Computing Experience」と題して講演を行います。5月24日午後2時からは、NXPセミコンダクターズ社長兼CEOのKurt Sieversが、「Building the Foundation for Consistent Edge Experiences」と題して基調講演を行ないます。5月25日の午前中は、マイクロンテクノロジー社の上級副社長兼最高戦略責任者のデビッド・ムーア氏がCOMPUTEXに参加し、”The Era of Pervasive, Data-Driven Experiences” と題して講演します。午後には、Supermicro社の社長兼CEOであるCharles Liang氏が、この一般的なトレンドの下での最新の企業ビジョンについて、テクノロジーの観点から紹介する予定です。

主催者側CEOの基調講演に加え、マイクロソフトとエヌビディアによる2つの基調講演が行われる予定です。マイクロソフトは、最新のフラッグシップOSであるWindows 11が新世代のPCにもたらす革新性を紹介します。また、NVIDIAは、最新技術のアプリケーションをCOMPUTEXと共有する予定です。待ちに待った、見る価値のあるイベントです。
フォーラムでは、イノベーション、グリーンエネルギー、アプリケーションの3大テーマを中心に、新技術、新シナリオ、新機軸を提示する

今年のCOMPUTEXフォーラムは、6つの大きなテーマとトレンドの枠組みの中で、3つのセッションを企画しました。まず、午前中に登場したのは「Technology Empowerment」のテーマ。テクノロジーが社会イノベーションを推進する。5G、IoT、AI、HPCは欠かせない。産業エコロジーチェーンはますます複雑化。Texas Instruments、Ericsson、NXP Semiconductors、NVIDIA、Micron Technologyが参加し、各業界で適切なパートナーを見つけ、内部のエンパワーメントと外部の刺激を駆使してイノベーションを追求し続ける方法について議論します。
第2部では、まずTAITRA会長のJames Huangが講演を行います。続いて、デルタ電子のチーフブランドオフィサーであるShan-Shan Guoが、2050年の炭素排出量ゼロという目標を達成するために、国際的なカーボンニュートラル化の流れの中で、テクノロジー企業がデジタル技術をうまく活用し、ESG課題に直面して持続可能な経営を実現する方法について発表します。
続く第3セッションでは、「Application Advancements」をテーマに、HTC、IBM、Dassault System、Nokia Taiwanなどの大手テクノロジー企業から講演者をお招きします。これらの企業は、リモートワークやコーポレートガバナンスのニーズを満たすワークモデルを再構築し、より多くのエンドユーザーが新しいシナリオでテクノロジーの力を感じることができるよう、テクノロジーの活用方法を共有します。

オンラインショー「COMPUTEX DigitalGo」は、5月24日から6月6日まで利用可能で、期間中は、オンライン調達会議、ライブスタジオ、テーマ別ガイドツアーなどのアクティビティが行われる予定です。これらの活動により、ベンダーは世界とつながり、めまぐるしく変化する技術産業において優位に立つことができます。あらゆるセクターの方々が、オンラインでイベントに参加登録できます。

展示会の詳細については、以下のウェブサイトをご覧ください。
COMPUTEX ウェブサイト:https://www.computextaipei.com.tw/
InnoVEX ウェブサイト:https://www.innovex.com.tw/

——————————————————————————————————-
★★★COMPUTEX参観事前登録はこちらから↓★★★
http://www.taitratokyo.org/mailmag/acc.cgi?id=164610013356315
※同行者がいる場合は、ページ一番下の欄に同行者の情報をご記入ください。
——————————————————————————————————-

関連記事

  1. テキサス・インスツルメンツ、COMPUTEX 2022 フォーラムで、GaN技術による電源設計の変革について講演

  2. COMPUTEX 2022 CEOキーノート&フォーラム 参加登録受付中

  3. AMD会長兼CEOリサ・スーがCOMPUTEX 2022でAMDハイパフォーマンス・コンピューティング体験に関する基調講演を実施

  4. COMPUTEX 2022 CEOキーノート&フォーラム

  5. COMPUTEX 2022 NVIDIAのリーダー6名が基調講演を実施

  6. NXP社長兼CEOのカート・シーバース、COMPUTEX 2022で一貫したエッジ体験のための基盤構築についてCEO基調講演を実施