データセンター向け需要がサーバー市場を牽引

データセンターの主な設備は、電気信号の伝送とコンピューティングを行うサーバ、光信号を電気信号に変換するスイッチ、データを記憶するメモリモジュールなどがあります。 データ伝送が複雑になり、データセンターへのネットワークトラフィックが大幅に増加し、処理が必要とする大量の情報により、ストレージ、サーバーと関連機器に対する要求が厳しくなっています。

一方で、コロナウイルスの流行に伴い、テレワークや遠隔教育、Eコマースの需要が高まり、クラウドコンピューティングやデータセンターの発展を加速させ、メガデータセンターやクラウドコンピューティングモデルが新たな主流となっています。 Digitimes Researchによると、世界にはメガデータセンター600箇所以上があり、毎年10%の成長率でサーバー需要の増加につながっているといいます。 Trusted Business Insightsによると、世界のサーバー市場は2018年に575.6億米ドルに達し、2019年から2025年までの複利成長率が5.4%に上ると予測されています。

アジアを代表するIT業界の展示会であるCOMPUTEXでは、たくさんのソリューションサプライヤーが出展しています。 Supermicro社 SYS-2029U-MTNRV、GIGABYTE社 4ソケットR292シリーズ、QCT社 5GエッジサーバーD52Y-2U、AIC社 SB405-PV、TYAN社 Transport HX TS75-B8252、Inventec社Entei 2U24ベイのストレージサーバーなどなど、どのようなニーズにも合致する幅広いソリューションが提供されています。詳しくはvirtual.computextaipei.com.twをご覧ください。

COMPUTEX 2021は、来年6月1日から5日まで開催され、世界各国からのテクノロジーとスタートアップ企業を迎え、withコロナウイルス時代の技術革新を促進し、グローバルなテクノロジーエコシステムを構築し続けます。

関連記事

  1. 5G時代のサーバ開発

  2. おうち経済の急成長でeスポーツ産業が大躍進